乗用車、トラックの中古車にかかる税金などについて

自動車の購入を考える時、まずは新車か中古車を選択することになります。新車の場合は現金一括で購入するか、リース契約で購入するか、自動車ローンを組んで購入するかの三つの方法があります。新車の場合はほぼ間違いなくディーラーでの購入になるので、担当者と話し合いながら購入方法を決めていきます。 中古車の場合は新車とは少し異なります。中古車の場合は現金一括で購入するか、ローンを利用するかの二択です。予算に余裕があるのであれば現金一括で購入した方が良いです。一括での購入が難しい場合はローンを利用して購入することになります。この時一つ気をつけたいことがあります。ローンでの購入の場合は、金利のことを忘れてはいけません。金利が発生する以上、余分にお金を支払うことになります。

乗用車、トラックにかかる主な出費

乗用車、トラックなどの自動車を所有する場合、自動車の購入費用以外に様々な費用が掛かることを知っておかなくてはいけません。主な費用は自動車税、車検費用、自動車保険、オイル交換やタイヤ交換に掛かるメンテナンス費用、駐車場などです。 自動車税は自動車の所有者に課せられる税金で、毎年支払わなくてはいけません。税金の金額は排気量によって変動するのですが、軽自動車の場合は8000円程度です。5000ccを超える大排気量の自動車になると10万近くになる場合もあります。 トラックの場合、貨物登録が出来るので、税金は少し安く収めることが出来ます。自動車税は毎年の出費なので、なるべく節税したいところです。2年に一度の車検も色々とお金が掛かることを覚えておいた方がよいです。

自動車の車検にかかる主な費用について

普通乗用車や軽自動車は基本的に2年に一度車検を受けなくてはいけません。この車検を受けずに自動車に乗っていると違反になるので注意しましょう。車検は自動車が安全基準を満たしているかをチェックする検査です。人間で言うところの健康診断のようなものです。 車検ではオイル漏れがないか、排気ガスは基準内か、タイヤの溝は残っているか、ライト類はしっかりと点灯するかなどをチェックします。どこか一つでも安全基準を満たしていないと再検査になります。 車検では車の種類にもよりますが、大体8万~10以上掛かります。自動車のメンテナンスは非常に大事で、オイル交換やタイヤ交換は一定期間で必ず行った方がよいです。雪国ではスタッドレスも必要不可欠なので、しっかりと準備しておきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加