トラックを中古車で買うメリット

大型車は中古市場で高い需要があります。中古市場とは需要と供給の関係で成り立ち、市場は相場により動いています。また、新車が売れることが中古市場に車両が豊富に流通するため、新車の販売状況も活発でなければいけません。中古市場から購入する時に心配なのが故障に対する懸念です。とくにトラックのような産業用車両の場合、乗用車に比べると走行距離が多く、使用頻度など故障に対する懸念は否めません。
ただし、事業所にとって設備投資が大きくなる側面から中古車の導入は経営コストを圧縮することともなり、利益を上げる要因ともあるでしょう。新車のトラックと比べると圧倒的な価格の差があります。乗用車とは異なる高耐久なコンポーネントを持つため、程度の良い車両であれば安心して使用できるでしょう。

新興国での高い需要が市場を支える

新興国では急ピッチでインフラ整備や各種産業の成長が進んでいます。国内大手企業で導入される大型車両のほとんどは新車でリース導入です。定期的な車両入替が行われ、リース終了後はすべて中古市場に回ります。日本の優良な中古車は新興国でもっとも人気が高く、意外な高値で取引が行われています。とくに東アジア市場では、インフラ整備が進み、産業用大型車両の需要が高まり、現地でもこれまでより程度の良い車両を厳しい目で選別するようになりました。
このことが国内中古市場にも影響し、性能が低い車両を避け、優良な車両が選ばれるようになり、自ずと販売者側も整備をしっかりと行い、性能が高い車両販売をするようになりました。現在はインターネットで情報が集まる時代です。需要の高まりが市場を支えているので、中古市場で性能が高い車両を安く買えばメリットも高いでしょう。

中古車の購入は車両選びが重要です

大型車両の中古市場が新興国市場に支えられており、国内市場もその影響を大きく受けていることは、前にも説明しましたが、新興国でトラックを購入するユーザーや企業は、どのポイントに目を向けて選んでいるかというと、生産国と車種です。新興国市場では、性能の良く耐久性の高い、日本製のメジャーな車種を選ぶことが最低条件となっています。
日本には大型車両の生産に特化した企業があり、その中でフラッグシップとなる車両があり、それを購入するオーナーが多いと言われています。なぜなら、新興国市場では中古部品が貴重な資源となるため、市場流通量の多い車がメンテナンスのメリットが高いと考えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加